『クリムゾン』の年収!大手同人サークルの売り上げ

『クリムゾン』といえば超大手の人気エロ同人サークル。同人誌・同人漫画・同人コミックといえば『クリムゾン』というほどに、同人業界では知らない人はいないだろう。そんな『クリムゾン』の年収(2015年分)を大胆予想!人気同人作家・大手同人サークルの年収に迫る!

クリムゾンとは

本題に入る前に、念のためにクリムゾンについて説明しよう。クリムゾンとは、主にR18(アダルト)エロ漫画や同人誌を制作している有名な同人漫画作家および同人サークル名のことである。

クリムゾンのエロ漫画作品一例

クリムゾンの活動暦・活動年数

同人販売サイト、DLSITEに登録されている最初の作品を見ると、販売開始年月日は2002年04月18日だ。DMM.comでは同じ作品の販売開始日は2003年05月23日となっている。

あくまでダウンロード販売サイトの販売開始日であることを踏まえると、このことから少なくとも14年以上は同人活動を行っていることとなる。

また、クリムゾンの公式ツイッター(@crimson_3)の呟きによると、1999年の11月10日にスタートしたという情報がある。ツイートのソースが確認できないが、信憑性は高いと思われる。

クリムゾンは1999.11.10にスタートしたので 明日が正式な15周年ですね。 ちなみにクリムゾン15周年パーティーの受付にいた 謎めいた少女の写真がこちらです。 http://t.co/NKn1ixbAiS — クリムゾン(漫画家) (@crimson_3) 2014, 11月 9

つまり2016年の今年は17年目ということになる。さすが大手同人サークルというべきか。大御所である。

ちなみに初期作品群のダウンロード販売数は100~200前後が多く、決して人気の同人サークルだったとは言えない。

クリムゾンの作者は、長く同人活動を続けることによって着実にファンを獲得し、画力を高め、漫画の魅せ方を習得し、そして売れる方法を確立させていったのだろうと推察される。継続は力なり、という言葉がぴったりである。

クリムゾンの作品嗜好・ジャンル

クリムゾンと言えば、ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーなどの人気ゲームのほか、某人気週間少年コミックなど、あらゆる原作を題材とした版権物の二次創作ジャンルが多い。ただ最近はオリジナルの漫画・コミック作品も多く、オリジナル、二次創作のどちらの同人誌も大ヒットさせている。

ドラゴンクエストのエロ同人コミック 例

空と海と大地と乱されし女魔道士R空と海と大地と乱されし女魔道士R

クリムゾンの嗜好ジャンル・プレイ内容は、陵辱、レイプ、調教、輪姦、拘束、ローター・バイブ責めなど、ハードなセックスプレイが多い。登場する女の子は、巨乳でスタイルがよくて、一見気が強くて突っ張っているが、男たちに責められたり犯されたりすると、嫌がりながらも体は素直に感じてしまって、大抵は『くやしい…!でも…感じちゃう!』といった淫らな状態になる。

女性が性行為によって感じていることを表現するための技法に、『ビクッ!ビクッ!』『ビクビクッ!』という、やけにビクついた擬音が多様されるのも、クリムゾンの漫画の特徴である。

クリムゾンの同人漫画表現 ビクビクする画像一例

親友のカレシに犯された私親友のカレシに犯された私 カラダがおかしくなるまでマッサージでイカされる女たちカラダがおかしくなるまでマッサージでイカされる女たち

漫画のストーリーの展開は、男の欲望のままにヒロインの女の子が辱められ犯されて、結局は淫らに感じてイキまくってしまう、という王道でベタな展開であるが、それゆえにオナニーのオカズとする場合は、決して裏切られることのない安心感を与えてくれる。

クリムゾンが製作するエロ同人作品は、安定して抜けるエロ漫画の王道構成により成り立っているのである。

クリムゾンのDL販売作品数は228タイトル

DMM.comのダウンロード作品登録数を集計してみると、タイトル数は228作品である。(2016年02月現在)

このタイトル数を先ほどの活動暦17年(仮)で割ってみると、一年間に13タイトルもの同人漫画を生み出していることが分かる。

スマホ対応のデジタルコミック版や、過去作のパッケージ版も販売されているので、純粋な作品製作数ではないが、それを差し引いたとしても一年間に10作品以上は作られているようだ。

30ページから100ページ近くの作品を、毎月欠かさず1本のペースでリリースするのは驚異的な速度である。

クリムゾンの年収は?稼ぎは?

大手同人サークルのクリムゾン。はたして気になる年収は一体幾らで、どのくらいの金額を稼いでいるのであろうか?その儲けが気になるぞ!

ネットの情報によると、作者は億ションに住んでいるという話もあるが、DMM.comDLSITEのダウンロード販売数を元に2015年の年収を算出してみたいと思う。

なお、これから算出する数値は、かなり大雑把な推測である。また2016年02月08日時点のデータを元にしている。2016年1月分の販売数も加算されてしまうが、ご了承いただきたい。

クリムゾンが2015年にリリースしたタイトルと価格一覧

※販売価格はDMM.comのサークル設定価格を参照した。

作品タイトル 販売価格 配信開始日
エロ垢にはまってしまった処女 前編 1,728円 2015/01/23
カラダがおかしくなるまでマッサージでイカされる女たち 1,080円 2015/02/20
エロ垢にはまってしまった処女 中編 1,296円 2015/04/03
F.F.FIGHT ディザイア デジタルコミック版 972円 2015/05/08
抵抗するティファ デジタルコミック版 972円 2015/05/09
もっと抵抗するティファ デジタルコミック版 972円 2015/05/10
エロ垢にはまってしまった処女 後編 972円 2015/05/22
退魔士ミコト2前編コミックVer 972円 2015/05/29
完全攻略D デジタルコミック版 972円 2015/06/25
退魔士ミコト2後編コミックVer 1,296円 2015/07/17
感覚がつながる魔法のオナホ ~生意気ギャルに遠隔挿入~ 1,188円 2015/08/28
親友のカレシに犯された私 1,080円 2015/09/18
空と海と大地と乱されし女魔道士R 1,296円 2015/10/02
妹のカレシに弄ばれ一晩中イカされた続けた私 1,188円 2015/10/16
海の家でナンパ男たちに弄ばれた処女ギャル 1,080円 2015/11/13

DMM.comでの販売数と収入

それでは、上記のクリムゾンがDMM.comで2015年度にリリースした同人漫画作品の2015年度中のダウンロード販売数とその売り上げを集計してみよう。

総DL数 : 47,261 / 総売り上げ金額 58,332,636円

ちなみにセール価格などは反映されていないため、実際の売り上げ金額は、これよりもう少し低くなると思われる。2015年度リリース作品の2015年度の売り上げは、およそ5833万円という結果になった。

それにしてもダウンロード数の47,261という数値は驚愕である。

少なくとも毎日130人もの男子が、クリムゾンの同人誌で新たにオナニーをしている計算になる。過去作を含めればもっと沢山になるであろう。いかにクリムゾンの同人漫画作品が、健全な日本男児たちの性欲解消に一躍買っているのかが分かる。

DLSITEの販売数と収入

DLSITEの方も集計してみよう。クリムゾンの同人作品はDLSITEでは少なく、あまり売れていない印象があるが、集計結果はどうなるだろうか。

総DL数 : 362 / 総売り上げ金額 544,212円

総ダウンロード数が362と、思った以上に少ない数値が算出された。2015年度にリリースされた作品数も、DMM.comが15本に対して、DLSITEでは4本とかなり少なめだった。

DLSITEで売れないのは、DMM.comの方で大々的に宣伝している影響もあるのかも知れない。

卸価格と販売価格の関係

さて、ここまでの調査で売上額は分かったが、サークル側が受け取れる収入金額は、そこから各ダウンロードサイトの販売手数料を引いた額になる。計算式を下記に記述する。

卸価格 + 販売手数料 = 販売額

この卸価格とはいわゆる同人サークル側の取り分で、通常であれば同人サークル側が設定できる。委託先によって販売手数料は変わるが、販売額からおよそ30%~40%が差し引かれる金額が収入になるのが一般的だ。

DMM.comの同人委託、卸価格表

DMM サークル募集トップ

DLSITEの同人委託、卸価格表

DLSITE サークル登録のご案内 - 価格設定

以上を踏まえて、実際にクリムゾンが受け取れる収入金額を算出してみる。

2015年度リリース作品による収入金額:37,402,128円

ということで、およそ3740万円が銀行口座に振り込まれる金額である。ただしこれは、2015年度リリース作品(15作品)のみの数値である。つまり過去作品(残り213作品)も継続的に販売が続けられているため、それらの売り上げを加算すると収益はこれよりも確実に増大するのは自明の理である。

また、DMM.comDLSITE以外の同人委託サイトでも、クリムゾンの作品は取り扱われているため、販売数はこれより更に増大するだろう。

クリムゾンの売り上げはダウンロード販売だけではない

DMM.com(同人)とDLSITEのダウンロード販売数だけの集計を行ったが、クリムゾンが販売している同人作品は、もちろんそれだけではない。DMM.comだけを見ても、電子書籍販売、AVメーカーとのコラボレーション、同人誌通販などがある。

また、その他の通販サイトに登録している作品数も膨大なことから、ロングテール的な収入は多いと予測される。

AVメーカーとのコラボ:クリムゾンコラボ

ご存知の方も多いかと思うが、クリムゾンはDMM.comを通して、アダルト動画を制作しているAVメーカーMOODYZ(ムーディーズ)と提携しており、AV女優による実写版のアダルト動画の販売にも関わっている。

ちなみにこれらの動画作品は、なかなかエロエロに仕上がっており、著者おすすめでもある。クリムゾンコラボではどんなAV動画が制作されているのか、パッケージ画像を交えて紹介しよう。

クリムゾンコラボのAV動画作品

原作のクリムゾンらしさを再現した作風で、なかなかの抜きクオリティである。

さて、これらコラボによる契約料金は不明である。もしかすると販売数による歩合収入かも知れないし、一括で100万円、いや1000万円という収入があるのかも知れない。詳細は調べようがないため、ここでは正確な数値は出せない。ただクリムゾンにとって貴重な収入源の一つとなっていることは確かである。

コミケ参加、同人イベントによる収入

忘れてはならないのが、日本最大の同人誌即売りイベントであるコミックマーケットである。クリムゾンもサークル参加しており、スペースにて同人誌の販売を行っている。こちらも大手サークルであれば年間1000万円以上の売り上げを確保できると噂されている世界である。具体的な販売数は把握しようがないためデータはないが、コミケによる収入も大きいと考えてよいだろう。

気になるクリムゾンの年収!結論は?

以上のことを踏まえた上で、著者が予想する最終的なクリムゾンの年収はズバリ!!1億円(以上)である。

推測の域を出ないが、少なくとも1億円以上は稼いでいるであろう。ネットの情報によると1億8000万円など、実際は年収2億円近いかも知れないという噂もあるが、ソースがないために詳細は不明だ。また、ここから経費や税金が差し引かれるわけだから、所得(いわゆる手取り金額)はもっと下がる計算になるだろう。

さて、大手同人サークル、クリムゾンの年収予想調査はいかがだっただろうか。年収2,500万円以上の日本国民は、たった0.4%以下であるというデータから見れば、相当に稼いでいることは確かであろう。エロ同人で億を稼げる専業同人作家とは、夢が溢れる職業であるな。

もし、もう少しクリムゾンの内部事情や詳細を知っているという方がいれば、是非管理人までご一報いただきたい。それでは、これにて大手同人サークル、クリムゾンの年収検証を終了とする。最後までお読みいただきありがとう。

投稿日時 : 2016-02-08 13:49:24

抜ける!エロ同人


当サイトに書かれている文章および内容は、全て架空、想像上のものでありフィクションです。
掲載しているイラストや画像の権利は、著作権者に帰属します。
文章は当サイトに帰属します。無断転載およびリンクなしの無断引用は禁止です。